十字町ヒストリアについて

十字町ヒストリアは、2015年に作られた団体です。

1896年ごろ設置された、人力により運行する小田原ー熱海間の鉄道「豆相人車鉄道(ずそうじんしゃてつどう)」の120年記念事業として開きました。

それまで100年、110年記念事業時には、人車鉄道のジオラマ展示や、屋台を出してのイベント開催を行ってきましたが、徐々に商店会の担い手が少なくなり、これらのイベントは開催されなくなりました。120周年を迎え、何か形として残したい、このままにしておくのはあまりにも惜しい と考えていたとき、商店会のOBから、1つの資料を託されました。

それが、十字町ヒストリアのある旧十字町地区(現小田原市南町界隈)に、多くの著名人、軍人、財界人、文学者達が居住していたという文献をとりまとめたものでした。

北原白秋や、司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」にも登場する秋山真之、電力王として名高い松永安左衛門、初代内閣総理大臣である伊藤博文、日本陸軍の基礎を築いたとされる山県有朋、と、その数100近く。

あまりの多さに当時は商店会の中でも驚きの声が上がりました。

住んでいる人間がこれらを知らず、このままなすがままにしていれば、歴史の隅に追いやられてしまう。合わせて、人車鉄道や北条時代までを取り扱う、歴史を残し、伝えていくことをしなければいけないと。

そこで、120周年記念として開かれたのが十字町ヒストリアです。

有志による文献の収集や調査により現在までに200以上の著名人の居住地を判明させてきました。

それぞれに交流があり、それぞれの著名人同士で小田原十字町の良さを共有していたようです。なかには当時の居宅が残っていない場合もありますが、これからも調査・研究を続けていきます。

ヒストリアへのご来店について

歴史的記録の保護・研究以外にも、研究結果の説明や、十字町の歴史についてなど、十字町ヒストリアでは土曜、日曜を限定公開日としてインストラクターが資料などを用いて説明をしています。

喫茶スペースもご用意しているので、コーヒーなどを飲みながら、古くは江戸時代や明治時代の歴史まで、観光で訪れた際にも是非お寄りください。

そのほか、物販も行っています。地域で獲れた季節の野菜や、名物 十字町コロッケ、北原白秋の愛したコーヒーも楽しむことができます。

小田原城観光をして、もっと歴史について知りたくなった、せっかくだから、この町について知りたい、そんなときは、十字町ヒストリアへ。

ヒストリア内取り扱いメニュー

十字町コロッケ 1個 100円

販売時間は12時〜16時ごろまで。ご注文いただいてから丁寧に揚げるコロッケは、ジャガイモのほかにニンジンや食感のいい枝豆、ひき肉などで舌触りのいい味わい深い一品に仕上げています。

ヒストリアの喫茶スペースで、イートインとしてもご利用いただけるほか、テイクアウトも可能です。サクっとしていて、なめらかなジャガイモ。おいしいですよ。

白秋ブレンドコーヒー 200円

北原白秋が、銀座にて通っていた日本発の会員制カフェである「カフェプランタン」のコーヒー。小田原居住時にも楽しんでいたであろうこのコーヒーを再現したものです。

ヒストリアからも徒歩5分ほどのところに住んでいた北原白秋。当時に思いをはせて一杯、なんてできるのはヒストリアだけです。苦みが強いのが苦手な人にはハイブレンドという豆も用意しています。こちらも同じ200円。

散歩の途中に、小田原城近辺の散策の途中に。ホッと一息ついていってください。

季節のお野菜 (金額は野菜ごとに変わります)

ヒストリア前では、季節ごとにお野菜の直売も行っています。お安く、みずみずしいお野菜は、ぜひご自宅用のお土産にしていってください。

結構人気の商品なんです。

アクセス

TEL:0465-43-7774